本日も始まりました。
億万長者の部屋、司会の大久保です。
億万長者の岩松さん本日もよろしくお願い致します。

お願いします。

今回はですね億万長者の読書術ということで、テーマをお伝えしていきたいと思います。
知識を得るのに、最も金銭的なレバレッジが効くものと言えば、たぶん読書なんじゃないかなというふうに思います。
ただ一方で、本の読み方次第で、吸収量っていうのは、全く異なってくるんじゃないかなと思うんですね。
同じもんなのに、知識を膨大に吸収する人がいる一方で、全く身になってない人っていうのもたぶんいると思うんですね。
まぁ本を読む時間と労力を最大限、活かしたいというのが、たぶん本望だと思うんですけれども。
そのためにはどうすることが必要なのかと。
いわゆる短時間で、大きな成果を出すにはどうしたらいいかということで、まあそれをですね、今で達成をしてきた、岩松さんにですね、億万長者になるための読書術的なものをですね、お伺いしていきたいなというふうに思っております。
まあたぶんこの本ですね。
やっぱり、ちゃんと理解をして吸収して、実践できている人と、そうじゃない人ってのは、たぶん差は出るかと思うんですけれども。
岩松さん自身は、今までどういった点とかお気を付けながら本を読んだりとかってされてましたか?

じゃあなんで本を読むかって、その目的とかっていうのがほとんどない人が多いんですよね。
なんとなく本を読んでるとか、本よりも目的ですね。
まあ気をつけるというか、僕は一番それが疑問に思ってて。
本を読んだら皆さん、なんか本読むこと自体いいこととか、あの本読めば何か、お勧めの本は?
とかよくあるじゃないですか?
本イコール良いものと思いすぎなんですよね。
僕はそこをまずどうかなーと思ってまして。
良い本も、悪い本もありますし、本を読むことが、じゃあ何がそんなに皆さんそんなに、良いことだと思ってるんだろうってのは、ちょっとあるんですよ。
だってクソみたいな本を読んだら、クソみたいな思考がインストールされちゃうわけですし。
なので何のために読むかっていうところですよね。
僕は前なんか音声で言ったかもしれないですけど、本は辞書代わりなんですよね。
自分が問題にあたった時とかに、今僕のメンターが、お勧めする本を、辞書代わりに引くっていう。
それまでは実践ですよね。
実戦で得たことを、知識経験でそれを踏まえて、本と対話をするからこそ、そこであっそうだったのか、そういうまあ確認とか、そこで発見があるのであって、一番良くないのが、本ばっかり読んで、本ばっか読んで実践が進まないで本ばっか読んでですね。
ゴロゴロしてですね。
ポテチ食ってですね。
また本読んでですね。
いやでも本当にあの何回も言ってますけど、これだけいろいろな自己啓発の本とか、色々あって、金持ち父さんとかいっぱいあって、金持ち父さんが増えてないのは、もう皆さん圧倒的に実践不足なんですよね。
具体的なTODO、本じゃなくて、僕は何回も言ってるんですけど、自動車の教習所とか、そういうみんなが結果出てるものにもっとフォーカスした方がいいっていうか。
何故本を読めばどうとかじゃなくて。
なぜ自動車教習所、あんなにみんなが全員免許を取れるかとか、そっちになぜ意識がいかないのか気になりますね。
教習所の本とか買いにいっぱい取り寄せて読んでますね。

ああそうなんですか?

はい。教習所ってすごいなと思ってですね。

教習所で配布している教科書、教本のことですか?

そうです。誰か持ってないかなとかですね。
あと普通に教習所のなんか補足マニュアルとかいろいろあるじゃないですか?

はい。

なのでなんか、本も読めばいいっていのが、よく言われる思考停止的なのがすごい嫌だなと思うんですよ。
そんなに本はいいかなと思うわけですよ僕は。
そんなに本て、素晴らしいですかっていう。
まあ素晴らしいんですけど、それはほ読む人の、状況と実践具合と、ステージと必要なものを、必要なタイミングで、目的意識によってって感じなので、要は自己満度がハンパないのはよくないなというのは思いますね。

何かそうすると要は、なんだろうなこういう風に読んでますという以前に、読む目的?

なんで読むかって、全部説明して欲しいんですよ。
何故この本をこのタイミングで読んで、それで何をしようとしてるか、説明して下さいって言って、はいどうぞって言って。
たぶんそんな出てこないんですよね。

なんとなくって人が多いような気がしますね。
なんとなく面白そうだとか。

やっぱり最近僕も本屋に行ってみるのも、やっぱ権威性の強い本ですね。
何とか式、海外の有名大学式、なんか健康法とか睡眠法とか、すごい会議とかそういうの多いなとか。

なんかあれですよね。
今大学式のやつだとハーバード流とかなんか、そういうのすっごい多いですもんね。

別にハーバードに、あなた行って実際この大学のこれが素晴らしいと思って選んでいるわけじゃないよねっていう。
そんなにハーバードのこのこれがってなんか、それがちょっとアレ。
とりあえず見てみるかってだったらまだいいですけど。
まあ別にハーバードよりも別に、僕は自動車教習所のほうが。

ははははは(笑)

はい。

へえ。なんか実際読まれたんですか?
教習所の本は?

まあ結構読み直したら、結構分かりやすいんですよね。

あの図解とか多いんですよね。

図解多いです。
勿論本だけじゃ分かんないんですけど、システムですよね。
とか結構。

分かりやすいですね。
確かにそう言われてみると。
学校の教科書の、小学生とか中学生とかの、一番最初に載ってる例題的な感じ?
イメージで言うと。
絵がすごく抱負で、カラーも豊富で、文章量が多くなくて、例え話で書いてあるみたいな感じのイメージのやさしさがありますよね。

そうなんですよね。

確かに理解するっていう意味では、あるかもしれないですね。
じゃあとりあえず目的意識を持ったら、じゃあそれでOKなのかってのは、どうですかね?

ってかそんなに本に、皆さん重きを置かないほうがいいですよっていう。
本てすごい抽象度が高いので、抽象度高いってどういうことかと言いますと、それを理解して、落とし込んで、実践できるくらいの自分のスケジューリングとか、そういう体制?
人物金とかマーケティングとか、全部がないと、もうただそのまま終わっちゃうっていう、右から左っていう。

テレビの情報番組見てる感覚とあんまり変わらないってことですかね?

まあそんな感じです。
お経を聴いてるのと変わらない感じです。

お経(笑)完全に分かんないってこと?

分かんないです。
お経を聴いて集中すればいいことだって言って、お経を聴くよりも、それよりもなんか、睡眠とったほうがいいよねとか、それよりも何か、なんですよ。
だから本読んでるっていうのを、何か僕は必要なタイミングで必要な本があれば、言いますんでって感じですね。
僕がっていうか。
そんなに本いるかい?
って感じで。
それはお勧めの本とかありましたよ。
音声で紹介したの。
とりあえずそれで、1億円くらいは稼げますよ年収で。
とりあえず。

なるほど。

それで後付随する本とかなので。

あ、じゃあちなみにこの間紹介して、この間が影響力の武器を紹介して頂いたんですけど。
これを読む時の目的的なのとかって?

これは実際に実践でってところを意識して、ところをやろうっていう。

実践をするって、いわゆるアウトプットをすることが、目標みたいな?

目標ってか、それを前提で、それによって学びを得て、それを価値の提供で対価としてお金を頂くってこの思考に全部落とし込まないといけないですよね。

でもあれもし、僕はビジネスまだやってないんですって人とかだと、やり方分かんないってなるような気がしなくもないですけど。

この音声ここまで聴いて、まだやってないですってのは、なんかねえ?
僕はその物販みたいなのから始めたらいいですよってお伝えしてますし。
とにかく初めて欲しいわけですよ。
とっとと。
準備中とかいいので。
そんなのないですよ準備中なんか。

確かに影響力の武器に関しても、あれを実践の中で、落とし込んでいくってのは、それはそれでやってみるとわかるんですけど、結構難しいですよね?

まあ難しいですけど、あの本の内容、書いてる内容を全部紙に書き出して、例えばお客さんに何か発送する時にこういうことをしてみようとか、お客さん対応する時にこういう風にしてみようとか、パートナーさんいる時にこういう風にしてみようとか、ちょっと意識してやるだけなんですよね。

だからたぶんその、やることは簡単なんだけど、つなげることって言うんですかね。
自分がやることに、落とし込んで意味を持たせるようなことってのが、いわゆる具体的にすることかな?
たぶん難しいのかなっていう。

そうなんですよ。
抽象から具体が僕はそんなでもないだろうってのが、結構苦手な人が多くて、っていうのはだから僕も何でこんなに音声とる必要があるのかなって思っちゃってるのはそこで。
もう言ったじゃんて感じなんですよ。
でも色んな角度から色んな具体例で、ステップでお伝えしないと、たぶんホントに理解は出来ないんだなと思ってですね。
その人が別に頭が悪いとかそういうわけではなくて、僕もたぶん初めてやる時ってそうなんですよ。
例えばギターを弾きますって時に、色んな角度から言って、具体例を出して、ホントにもうすごいハードルが低いところからやらないと、たぶん出来ないんですよね。
感じたぶんすぐ、手が痛いとかこれダメだとか言ってですね。
よく分かんないって言ってポイって投げ捨てちゃうのが目に見えているので。

なるほど。
どうやったら具体的になれるかっていうのが、たぶん問題ですかね。

それは本だけじゃ限界があるっていうか、本は教本的な感じで、それに実技指導と、後は僕はホントによくよくよくよくお伝えしてるPDCAサイクルですよね。
圧倒的にこれが本当に足らないんですよもう。
本読んでる場合じゃないんですよ。
PDCAサイクル回したら、本は確認してパッと見るもんで、時間制限を付けてもいいくらいです。
本を開く時間は。
他のことに使ってる時間は全部時間制限つけて、全部後はPDCAサイクルを回すっていう。
これでやってみようと。
実際やってみたと。
確認してここ改善しようと。
それをやるって感じですよね。
本読むってのはホントにそれを経験した上での、抽象度高い話なので繋がらないんですよね。
本だけ読んでも。
あるいは経験ってか、実践をすること前提ってことですよね?

前提。はい。

実践しないのに本読んで、じゃあ影響力のこれがとか言って、ああそうなんだそうなんだ、頭でっかちになって、結びつかないと。
結びつかないから、教主所のS字の本はこうなんだ、クランクのとここうなんだって言って、やり方こうなんだ、でも実践しないと結びつかないのと一緒で。

でも俺クランクのやり方知ってんだぞって言ってるってことですよね?

(笑)だからどうしたって感じなんですよ。
俺S字も知ってるし、クランクも知ってるし、縦列駐車も知ってるし、だからどうしたんだよって感じなんですよね。
いやいや準備中ってか。
全部知ってからとかいいから、乗りなよって感じで。
でもまさにそんな感じで。
でも一人で路上にっていったら恐いじゃないですか?

恐いですね。

ビジネス出来ない人ってそんな感じですよ。
まさに。
まあでも、大したことないわけですよ。
僕は今10年ペーパーなんで、今ちょっと乗ったら恐いんですけど。

ドライブに関してはまさしくその状態という?

ドライブに関してはそうですね。
いやもう忘れましたね。

もう知識も忘れて?

はい。もう分からないですね。
僕の人生には運転は出てこないので。
やらないことリストに結構入ってます。

たぶんあれじゃないですか?
次自分で運転する時は、自動運転になってるでしょうね?

可能性ありますね。
もうテクノロジーの力に任せようかなと思いますね。

そん時に初めて車買うみたいな?

まあ買ってもいいんですけど、誰か運転してくれたらいいですけどもう。

ドライバーとして?

そうですね。

なるほど。

なのでそこらへんなんですよね。
そういう価値観とか固定概念とか、洗脳ですよてね。
それを解いていかないと。
大体皆さん同じような思考なんですよ。
すごいなと思ってですね、日本の教育ってですね。
皆さん同じような思考なので。
やっぱ失敗したら怒られたりとか、よくあると思うんですけど。
ホントにことPDCAサイクルを回すのが結構苦手な人が多くてですね。

なるほど。分かりました。
まあじゃあとりあえず今回読書術ということなんですけども。
あくまでも行動PDCAサイクル、ってかまあ結論的に言うと別に読むよりやろうっていう。

まあ必要があれば言いますし、読みたければ一応お勧めな本も言いましたんで、後はそんなに要らないんじゃないかなと思って。

あくまでも行動を前提としてやっていくと?
そうですね。
分かりました。
じゃあ今回はこんな感じで終了とさせていただきます。
どうもありがとうございました。

ありがとうございました。