本日も始まりました。
億万長者の部屋、司会の大久保です。
億万長者の岩松さん本日もよろしくお願い致します。

お願いします。

今回のテーマなんですけども、宗教とビジネスということで、まあ前回ですね、占いとビジネスということで、それとちょっとシリーズ的な感じで、宗教についてですね。
文明自体がですね、宗教と共に一応発展発達をしていて、まあ現代までに根強く影響を与えていると思うんですけども。
一応日本は無宗教が主流にはなるんですけども、その影響を受けているという意味では、例外ではないと思うんですよね。
宗教が何故これだけ長い間私たちの生活に入り込んでいるのかということで、あるいは具体的にどういう影響を持っているのかということで、宗教とビジネスについて、関連性ですね。
を億万長者の岩松さんに解説をしていただきたいというふうに思っています。
宗教とか結構学ばれたりとかはするんですか?

これも占いとかのテーマがありましたけど、これすごい興味があるんですけど、そんなにまあ学べてない部分。
勿論興味があって、まあ新興宗教からいっぱいあるじゃないですか?
全部学ばないとなあと思ってるんですけど、まあそこまで(笑)そうですね。
やっぱり日本は無宗教と言いましたけど、無宗教のわりに色んな影響を受けていると、クリスマスとかもそうですし。
これは逆にすごいことだなと思ってまして。
何の別に関連性もないのに。
やっぱその宗教とかって何であんなに広がってるかって、まあ結構素朴な疑問ですよね。

そうですよね。

そうじゃないですか?

まあ宗教を信仰している人の方が、人工的な面でみたら圧倒的に多いですよね?

そうですね。
世界中で見渡せばですね。
やっぱでも人間って何かに結構すがりたいっていうか、そういう思いがあるんですよ。
なんか一つ、レールというか?
それがあって、それに向けて日々やってるっていうのがないと、ちょっとやっぱ頑張れない人が多いっていうので、そのレール、教えですよね。
を敷いて、それがまあ精神的な満足につながり、まあそれが布教していってってのが、まあ今の流れだと思うんですけども。
なのでこれは多分理解できない人には理解できないと思いますね。
何でそんな宗教とかにっていう。
それは宗教ってかなり悪いイメージがあるじゃないですか?

普通一般的にはさっき仰っていた新興宗教とかが、何か色々とやらかしちゃってみたいな?
ありますよね。

例えばオウム真理教とかそうですが、すごい悪いイメージが。

そうですね。

でも、すごく学ぶべきテーマだと思うんですよ。
何でそんな結構エリートとかも多いじゃないですか?
そんなエリートが何でわざわざサリンっていう人を殺すまでになったかってすごい人間のすごい、まあマインドコントロールっていったらあれですけど。
すごいものがあるわけですよね。
宗教的な理由でこれは食べないとかすごいじゃないですか?

確かにそうですね。

そんなの自分で決めればいいじゃんって思うんですけども、その教えやら何やらに人は、まあその宗教の力ですよね。

確かにそのイスラムとかでもラマダーンとか、あとアレですもんね?
太陽が昇っている間に、ご飯食べないとか、やばいですよね?
それをでも全員がやるていう。

多分厳守できてないと思うんですけど。

はははは(笑)

厳密に言うとですね。
結構そんなもんですよ。
何かあの有名な人でこれは宗教とは別ですけど。
何か水毎日飲んだほうがいいですよという人で、健康法とかいってる人もあんまり実はそんなことはなくて、水と何かサラダとデザートだけがいいっていうのも、ぽちゃぽちゃ太ってたりして、そういう人も何か、結構なんかアレ?
っていう人もいるので、宗教とか何かそうなんですけど、誰かにとって都合の良いようにつくられてるってのはあるかもしれないですね。
日本も無宗教とかいって皆さん一緒じゃないですか?
何か大体産まれてから学校に行ってこう、ある意味それも宗教的な感じだと思いますけどね。

ちなみに岩松さんが宗教から学ぶとしたら、どういったところを学びたいなって思ったりとかしますか?

んーやっぱりその宗教ってのは儲かるんですよね。

なるほど。

だって宗教法人とかいっぱいあるじゃないですか?
すごい信者さんの数と、すごい宮殿みたいなのがあったりするんですよね。
すごいお金が集まるっていう部分では、もはや変な日本の例えばものづくりとか製造業とか、また一線を画すレベルで。
次元が違うくらいお金が集まるのが宗教っていうところですよね。
なので色んな宗教のどうやって発生して、どうやって広がったか、どうやって崩壊したか、それって組織のマネージメントとか、組織の拡大とか、まあ色んなものですよね。
に通ずる部分もあると思いますし。

確かにそうですね。
宗教の例えばお寺とか神社とかどうやって成り立ってるのかっていう、仕組みがイマイチ見えてこない部分もありますよね。

それはもうすごいんですよ。
見えないってところが結構多いじゃないですか?

多いですね。

でも言葉としては、確かに聞いたことがあって、すごく多くの人が、まあその信者さんがいっぱいいる現状。
その中に入っていかないと、深いところまで分からないようになっているってことですね。
なので僕が徹底的に調べようかなと思ってるんですけど、あんまりやると僕もハマっちゃいそうなので。

ははは(笑)そうなんですね。

そうなんですよ。
潜り込んでみようかなって思ったことあるんですよ。
でもそれちょっとやめようかなと思いまして。
僕は結構自分ではマインドセットがしっかりしてるからとか、判断できると思っている口ではあったんですけど。
いざ行くと結構影響受けちゃうかなと思ってですね。
ちょっと何か聖書もらったりとか、パンフレットもらうぐらいにしておこうかなと思ってですね。

はいはいはい。

すごいですよ。
パンフレットも漫画みたいになってるんですけど。

ああそうなんですか?

はい。え?
ってなって、ピカーンっていきなり光って、これが治りましたとか漫画とかで配られてるんですよ。

はいはい。

これ、え?ヤバない?と思ってですね。
いきなり何か池からパーンって何か光があって、いきなり池に落ちたなと子供が何か。
それを配ったりして、何何さんのお陰でって。

へえ。

ホントに?と思ってですね。

すごいっすね。
でもどうなんだろ?
それ読んだら即信じるわけでは勿論ないとは思うんですけど。

何か宗教って現世利益って感じではないですね。
利益ですかね?
分かんないですけど。
ちゃんとやればあの世に行った時に報われますみたいなのが、よくあると思うんですけど。
僕はそれよりもビジネスで稼いで、今この習慣から実利レベルで潤いがありますので。

最近だと特に、幸福の科学がものすごく上手にやられてますよね、そこらへんを。
何か映画とか制作してましたよね。

あれ知ってます?何でしたっけ?あの。

清水富美加ですか?

そうです。
フミカってよむんですかね?

そうです。

まさにあの人なんかも、まあ要はサードプレイス的なところがありますよね。
スタバ的な感じで。
まあ家庭でもない、芸能界でもない。
芸能界でも色々あるじゃないですか?
もうめんどくさいじゃないですか?
しがらみやら何やらが。

はい。

そこを全部嫌になった人が、報われるっていうか全部それを全部吐き出させて輝ける場所的な。
そういう感じで結構ハマるっていうか?

なるほど。

今の家庭というか、そこまで輝けない人が、ここでは理解されて共感してもらい、ここでその人の為に尽くすとか、そういう何かあるかもしれないですね。
その布教活動の一貫として、それを映画にしたりとか。
見てみたいですけどね。
その映画とかも。
何か主演があれですよね?
総長っていうか、一番上の息子さんか何かが。

それと結婚するんじゃないかという話もありましたけど。

ああそうなんだ(笑)何かすごいなと思って。
でもそうとう考えてやってるんだろうなっていう。
何かお金があるから作ってるわけでもなさそうな感じだろうし。
書籍とかもガンガン出してたりとかしますもんね。

そうですね。
書籍いっぱいありますよ。
何とかの何でしたっけ?
守護霊でしたっけ?

何かそんな感じのありましたね。

アレ僕知らなくて本屋に行ったらなんだこりゃ?
と思ってですね。
前田敦子の守護霊とかいってですね。
え?っと思ってですね。
これは何かすごいなと思ってまして。
これはこんなのが成り立っちゃうんだとですね。
僕も弱いんですけど、この宗教研究は。
そうですね。
幸福の科学の総裁ですね。
本も相当出してますよ。

そうですよね。

広瀬すずの守護霊(笑)

すごいですよね。
勝手にやっていいんですかね?それ。

そうなんですよ。

よく言われないですね。
これでもすごいですけどね。
色んなこうものに勝手に(笑)

すげえな。人の名前使っちゃうって。はあ。

そうなんですよね。
他にも色々な本があると思うんですけど。
守護霊ってホントに面白いなと思ってまして。
前田敦子のだけちょっと立ち読みしたことあるんですけど。

守護霊インタビュー金正恩最後の願いってのが出てきて(笑)

そうなんですよ。
その大川総裁がどう見てるかってのが興味があるっていう。

そうか。特にそうですね。
国際情勢的にも関心の高いことですもんね。

すごいだから、宗教って内の人からは共感されるんですけど、外から見たら何やってんのっていう。

そうですよね。確かに。

この状況ですよね。
これを創り出されると、これができればぶっちゃけビジネスでも稼げないことはないってことですね。

まあそうですよね。
例えばダイエットサプリなんかを作って販売したら、これしかないと。
外から見て何やってるか変なことをやってるっていっても、中の人達が信じてやってれば、それで成り立つわけですもんね。

そうですね。
ビジネス的なことで僕がお伝えしますと、宗教的な要素をスパイスとして絶対入れて欲しいんですよね。

スパイス?

スパイス。例えばライザップって会社とかも、やっぱちょっと宗教チックな感じで、スタバとかも定員さんとかもちょっと宗教チックな感じなんですよね。

確かにそうですね。

そういう人ってスタッフさんとかの、メンバーの団結力もいいですし、お客さんもすごい何か。

確かに確かに。

これがないと結構きつい。
アップルとかもそうです。完全に。

そうですね。

もう働いている人全部、Tシャツりんごマーク。
普通に考えたらクソダサいじゃないですか?

そうですね。
Tシャツはダサいですね。

アップルストアで皆何かTシャツとか(笑)

確かに。

結構多国籍な感じで、あれ面白いですけど。
買う人はアップル信者なので。

そうか。

日本のよく分からない、高性能なパソコンを作っても、別に宗教っぽさがないですよね?

ないですね。
ゼロですよね。
ほぼほぼ。

宗教って象徴もありますし、日々の儀式ですよね。
何か崇拝したりあるじゃないですか?
そういうのを取り入れるみたいなものがあれば、多分その囲い込みっていうと言葉悪いんですけど。
そういう領域ってのを創り出せるかなってのはありますんで。

そうか。
何か層考えると、自分たちも小さな宗教、要素が入っている小さなサービスを利用しているってのは結構あるのかもしれないですね。

多々多々あると思いますね。
だからそれを試されるんですよね。
新しいアップル製品が出た時に信者さんの踏み絵じゃないですけど、貢献度が試されるってことで。

岩松さんカモじゃないですか?

僕は別にアップル信者じゃないんですけど、なんだかんだいって全身今アップルなので。

端から見たら完全に信者ですけどね(笑)

Tシャツだけがりんごじゃないだけで、Tシャツりんごにしたらやばいですけど。

そのうちタートルネックを着始めるかもしれないですね。

それはちょっと(笑)
ジョブスなので、アップルというか。
そうなんですよ。

そしたら身の回りのちょっと自分がハマってしまっていうものとかを、じゃあなんでハマったのかっていうのを見てみるっていうのが、第一歩のビジネスの学びの第一歩かもしれない?

そうですね。
後は自分とは関係ないとは思わず、全部関係あると思ってですね。
宗教とか、まあ占いとかもありましたけど、色んな要素がまあエッセンスでもし入って、ビジネスが成り立ったりとか、流行るとか普及するって何かしらの理由がありますので。
出来ればそのルーツを調べて、うまくいったうまくいかないとか、色んな種類、占いとか宗教とか色々あると思いますので。
そういうのを研究とかしたりしたら、思考の幅が広がってきますので。
そういうのをやってから音声録りたかったんですけども、そんなことも言ってられないので。
僕もそれは興味があるんですけども、お金稼ぐとはまたちょっと別っていう。
勿論それがあった方が色々な視点は得られると思いますね。

分かりました。
とりあえず今回は宗教とビジネスということで音声をお届けいたしました。
どうもありがとうございました。

ありがとうございました。