本日も始まりました。
億万長者の部屋、司会の大久保です。
億万長者の岩松さん本日もよろしくお願い致します。

お願いします。

えっと今回のテーマなんですけれども、武道で出てくる言葉で、心技体という言葉ですね。
についてお伺いしていきたいと思います。
まあ今あのお伝えした通り、まあ武道とか、スポーツですね全般的にも共通してよく言われる心技体なんですけれども。
成果を出すためには、まずはこの心っていうのが、精神。
技ってのが技術。
そして体が体力的な体ですね。
3本の柱というのが必要であるということを意味していると思うんですけれども。
これらっていうのが、いわゆるビジネスでは実際、関連性があるのか、あるいは関連性があるとしたならば心技体というのは、どういった意味をしているのかということですね。
是非ビジネスで大きな成果を上げてきた、億万長者である岩松さんにお伺いしていきたいなというふうに思います。
でこれ実際、心技体をビジネスで結果を出す上で、大事だなって感じたりとかっていう経験とかってありますか?

勿論それは心技体ってあったほうがいいんじゃないかって、あるないっていうか、それは高めた方がいいと思いますけど。
一つ違うとしたら、心技体を高めたとしても、例えばじゃあ相撲とかでもそうですけど、僕も相撲部に小学校のときにちょっと入れさせられて、なんだかんだで結構やってましたんで。
それは相撲とかでも心技体ってのは大事ですよ。
心も大事ですし、技術も大事ですし、体も大事ですし、ただ、事相撲だったらそうなんですけど、ビジネスの場合は、相撲で勝負する時に、横からそれこそ変な話トラックとかで、パンと押してもいいわけですよ。
それもOKなんですよビジネスって。
なので心技体を高めてもトラックでボンとやられたら、もうひとたまりもないのと一緒で、陸上とかもそうですね。
陸上も心技体を高めて毎日ダッシュっていっても、それこそロープでガーっとトラックで引っ張ってもらってもいいわけですよね。
トラックばっかり出てくるんですけど。
なので、心技体を高めるっていうのも勿論大事なんですけど、飛び道具とか必殺技が裏技的な召喚獣とかいろんなものが使えますので、もうちょっとその武道も大事なんですけども、もうちょっといろいろあるよっていう。
だから面白いってのはあるんですけどね。

ちなみにビジネスでトラックを乗ってくるっていうのは、考え方によってなんですけども、技、わざのところですね。
のところに入る?

まあ必殺技ですよね(笑)飛び道具ですから。
バルログが爪でガリッとやるみたいな?

あーあんな感じです。
ストリートファイターみたいな感じですよね。

そうそうそんな感じで、道具持ってきてもいいし。
まあそういう意味では心技体は大事ですよ。
ただ個人技ではないので、やっぱチームプレイ的なのもありますよね。
ビジネスでは。

なるほど。

なので、なんかだから結構面白いんですよね。
勿論武道とか、スポーツでもチームプレーとかあるかもしれないですけど。

そう考えるとたぶん、技に入ってくる要素っていうのが、だいぶ広いような気がしますね。
なんかビジネスする中で、チームプレーも含めて、なんだろうな、どういう体系でいくのかみたいな。
そのサッカーであれば、フォーメーションみたいなやつとかも含めて、ビジネスでいったらば、組織ですよね。
どういう組織、どういう人員でいくのかみたいな事っていうのも含めて、技に入ってくるのかな?
そうすると。
なると技の定義がめちゃくちゃ広くなってくるような気がしますけれども。

そうですね。

実際この心とか、後、体なんかはこれは重要だなって感じたことってありますか?

まあ心ってことですね。
精神ですね。
まあメンタルって大事ですね。
メンタルって何かというと、大体ビジネスやってる人っていうのは、途中で自分が飽きて辞めたりとか、なんかもうクレームが来たりとか、それで病んで、なんかその裏切られたとか、パートナーと揉めて、なんか結構自滅する人が多いんですよね。
本当に自滅したりとか飽きて辞めたりとか、気持ちの問題の人が結構多いですね。
結局まあなんかそれなりに僕はPDCAサイクルとか言っていますけど、正しいメンタルを育て、PDCA サイクルを回し続ければ、どんな人でも結果が出るんですよね。
でもそれをやり続けるとか、途中でやめないとか、成果出ても辞めないとかですね、やめたくなる理由とかいっぱいあると思うんですけど。
そこで気持ちの部分が問われますよね。

なるほど。
続ける、本当に続けるっていうメンタル?

だって繰り返しますけど、イーターネットを使ったビジネスってそんな資金がかからないですよね。
資金かからないですし、そんなにリスクがないんですよ。
やればすごい結果が出るような、ビジネスなんですよね。
でもちょっとしかやらなかったりとか、まぁそんなにだから逆に言えば、気軽に参入できてしまうので、まぁそのなんかトロイ感じで何かやろうと思って、適当にやる人が多いんですけど。

そっか。
まああれですもんね。
参入する時に例えば1000万払って参入したとしたら、そんなに簡単に辞められないですけどね。

そうですよね。
簡単に入って簡単に辞めちゃう人とか多いので、それはもう何度も問題があってっていったら、まあ勿論その技術とか、体力とかがありますけど、気持ちの問題が一番じゃないですかね。

これ逆に言うと続けることによって、結果が出るんだったら、このメンタルまあ心のところが、ちょっと鍛えておけば、まぁ結果が出やすいってことですよね。

そうです。
まあ心技体ってのは僕も武道とか相撲とか剣道とか弓道とかやってましたけど、まあこれはメンターも言われてますけど、結構理不尽なこともありますし、規律が厳しかったりとか、同じことをやるんですよね。
弓道とか最たる例で、毎回同じことを的に向かって矢を打つだけなんですけど、それを何回も何回もやるんですよね。
それを、成熟度を高めていくっていう。
その感覚でビジネスやんないと、きついですよねっていう。

確かに柔道とか相撲とかって、相手がいるから、その場の臨機応変とか状況判断とか、あると思うんですけど、弓道って相手的だから、まったく動かないですもんね。

そうです。
それこそ、毎回同じようにフォームをチェックしたりっていう、自分との戦い的なのがありますけれども。
ただもちろんの剣道とか相撲も相手がいるので、まあビジネスもまぁ相手っていうか、お客さんとかライバルがいますので、自分だけで完結したいんですけど、まぁ全部に強調して言えることは、やっぱりその自分の理想のところに向けて、日々鍛錬をして、そこに近づけていくっていう。
反復練習ですよね。
心技体というか、その反復練習をしなさすぎる人が多いっていう。

結局それがもう続かないからっていうことですね。

そうです。
リサーチどうやるんですか?
こうやるんですか?
とか言って、裏技を求めすぎて、それこそまあストリートファイターで言えば、もう基本があるわけですよね。
もう全部すっ飛ばして、一発必殺技ゲージポンみたいなのを求めすぎて。

確かに、なんかショートカットを求めていて、例えば効率化とかだったらまだわかりますよね?
同じ作業をどうせ繰り返すんだったら、なるべく短時間でやろうとかだったらあるかもしれないですけど。
そもそもそれを全部省いてしまえ、みたいなそれと同じ結果を得たいみたいな発想、が多いってことですね。
おそらく。

そうなんですよ。

でそうゆうのはまぁほぼないってことですよね?

だから僕はよくお伝えしますけど、本当に部活の感じでビジネスやったらうまくいくと思うんですよ。
皆さん野球部の人とかも、あんなに泥まみれになって、1円にもならないじゃないですか。
むしろ遠征費もかかって。

出費、コストかかりまくりですよね。

別にプロ野球選手になれるかっていったらほんと一部の人ですし。
でもあんだけやるわけですよ。
僕の弓道とかもそうですよ。
結構何万本も話しましたけど、だからなんだって感じですよね。
この音声で弓道の話をするぐらいで、今後の人生においてそんなに金銭的なメリットがあるかって言ったら、ないんですよ。
勿論矢が的に当たったら楽しいとか気持ちいいとかありますけど。
ないんですよ。
メリットなんかないんですよ。
ゲーム性にはまって、ひたすら反復練習をして、上達することに快感を覚えると。
そういう結果、心技体を鍛えられるという。
なので、そういう方向にいけば、全員うまくいくと思うんですけど。
やれビジネスになったら、なんか私の普段のあれがどうで、とかお金だどうで、親が何かで、仕送りがどうで、借金がどうで、そんなんだって部活でやんなくないですかてっていう。
部活ですぐ辞める人とか、きついですよねっていう。
辞めたのが駄目だってわけではないんですけど。
部活だって一円にもならないのに、3年間皆さん泥まみれになってやるじゃないですか。
そこからですよ。
心技体も大事ですけど。
その感覚でビジネスををやった方がいいかなと思います。
部活マインドっていうか。

分かりました。
要はそこも、結局意識の問題になってくるからまあ心のところっていうのは結構強いと思うんですけど。
なんか体の部分とかっていうのは?

体っていうと、スポーツとかのほうがそりゃ運動神経とかありますけども。
うーん体?

なんか結構個人的にですけど、それこの心技体全部そうですけど、本業の方でも結構関わりあると思っていて、特に体に力いれてない人多いなって気がしていて、健康管理を含めてですね。
あと体力もたなかったりとか。
あの前眠い時の対処法って話しありましたけど、結局体力があれば、もつじゃないですか?
なんか体ってどのくらい影響があるんだろうと、副業であったりとか、そういうビジネス関して。

でも体は最近重要視されてますね。
重要視っていうかまぁ世界の億万長者もそうなんですけど、自衛隊出身の人とかそうゆう人増えてまして。

えーそうなんですか?

そうです。
まああんだけ体を鍛えて、体鍛えると自信もつきやすくメンタル強くなりますし、体力はあるので、もうひたすらやるんですよね。
自衛隊の人がビジネスやったらそれは、自衛隊があの感覚でビジネスをやるわけですよね。

やばいっすよね。

昔はもうちょっと頭アレとか妄想なんですけど。
まあやっぱりなんかそういう時代になってきたんですよ。
僕も体鍛えたいなと思いますけど、鍛えるっていうと、まぁそこそこ僕も一応ガッチリはしてるんですよね。
もうグッと押しますけど。
ガッチリはしてるんですよね。
体がちょっとナヨナヨしている人はちょっと頼りないと思われますよね。
ビジネスやる上でも。
まあどういうビジネスやるかにもよりますけども。
私はムキムキになりましょうってわけじゃないんですけど、やっぱりある程度の健康な体と、まあある程度その長期間そのビジネスをやり続けるだけの馬力を持った体を形成していかないとっていうのはありますね。

確かに今お聞きしてて思ったんですけど、体を鍛えることによって、精神も鍛えられると?

そうですね。
ただまあかといって、じゃああれもこれもじゃあ、運動をしながら、じゃあ睡眠もとりながらビジネスをやりながらってのは難しいんですけど。

確かに。

大体学歴とかの話もありましたけど、部活とか何やってたかとか、僕は結構見ますね。
まあ体育会系がどうとかじゃないんですけど、やっぱそういうところで結構ガムシャラにできる人ってのは強いんですよ。

なるほど。
そっか。
部活、帰宅部でしたみたいな?
人になると?

何か目標があって、そこに向けてひたすらトレーニングして、結果を出した人ですね。
だからまあの学歴でもそうですし、部活でもそうですし。
なんかしらその心技体を高めて結果を出した人ですよね。
心技体は高まったんだけど、ダメでしたとか。
帰宅部だったら、そもそもな結果を出す場所がないので。
別にそれは悪いってわけじゃないんですけど。
全般的にはそういう風な、統計にはなりますよね。

なるほど。
分かりました。
今回その心技体っていうことなんですけど。
心技体をどういうふうに身に付けていったのかみたいなところですね。
そうすると。

まぁなのでまぁで心技体を高める活動をどのくらいやってたかで、その上にビジネスのマインドとかを教わって、愚直に実践できるかどうかですね。
同じことをお伝えしても、それこそ昔からその部活とかをバリバリやってて、あのお伝えしたことをどんどんやる人と、まぁ帰って帰宅部でお菓子ポリポリ食べて寝てーっていう人で、同じことをお伝えしても結果は変わるんですよ。
足りないと思うんだったら、別にじゃあトレーニングをするっていうのも、まあそれもいいんですけど。
まあビジネスを続ける時点で、体力も気力も何もかも鍛えられますので、まあ部活マインドでビジネスに冒頭した方がいいかなと。

なるほど。
反復し続ける精神ですね。

当たり前の基準が違うと思いますよ。
部活のなんかめちゃめちゃ頑張った人とか、まあもうこんな当たり前でしょって感じなんですよ。
リサーチやるって言っても、僕からいろんなリサーチする方法をお伝えしますけど、これを身に着けるまでに、例えば何ヶ月とか下手したら1年2年3年ずっとやり続けれるのは、そんなの当たり前じゃんって感覚なんですよ。
そうじゃない人はこれだってちょっとやっただけじゃ成果出ないじゃんって言って、それはだって弓道でちょっと弓と矢でこうやって打つんだよって。
これが正しい方法ですよって、何回ちゃんと飛びません。
これは詐欺ですって。
いやいやいやそんなのはねっていう。

全然当たらないじゃないですか?
って言われるようなもんだということですね。
分かりました。
とりあえず何度も反復をして、いく精神をもって、心技体を鍛えていくことが大事ですよ。
ということで。

部活マインドってほんと大事ですよ、僕がいなくなった瞬間にあまりにもなんかショートカットを求めすぎて。

分かりました。
とりあえず部活マインドで進めということで。
はい、とりあえずこの音声を終わりにしたいと思います。
どうもありがとうございました。

ありがとうございました。