本日も始まりました。
億万長者の部屋、司会の大久保です。
億万長者の岩松さん本日もよろしくお願い致します。

お願いします。

今回のテーマなんですけども、前回に引き続き起業シリーズでですね。
起業と副業の向き不向きについて、お伺いをしていきたいなというふうに思っています。
まあ起業とか副業とかでビジネスを始める人が大分多くいる中でですね。
大きく成功する人がいる一方で、たぶんうまくいかないっていう人もそれなりにいると思うんですね。

はい。

そこで多くのコンサル生を指導してきた、億万長者の岩松さんから見て、人によって起業副業の向き不向きと。
要はあるのかということでですね、お伺いをしていきたいなというふうに思います。
まずなんですけども、起業と副業って何気なく使っているんですけども。
根本的に違いみたいなのってありますか?
こういう性質があるみたいな?

起業するっていうことと副業ってことですか?
要は起業っていうのは、会社辞めて独立して一本でやっていくのと、副業の違いってことですかね?

そうですね。

やっぱりその退路を断つっていう意味では、一本でやっている人の方が、よりシビアな世界に身を置くことになると思いますので、副業はどうしても甘えが出たりとかすると思うんですけども。
違い、どっちもでもビジネスですよ。
お客さんからしたら、私副業です、本業ですっていうのは知ったこっちゃないって感じなので、お客さんから見たら別に変らないと思いますけど。
本人の取り組む姿勢とか大分違うじゃないですかね?

これ副業だとやっぱり気持ちが緩くなりがちとかあるんですか?これは。

僕は悪いってわけじゃなくて、緩みながらやればいいと思うんですよ。
皆さんそんなにめちゃめちゃビジネスやりたいっていう人はいないと思うんですよ。

そうですね。

少なくても私が見ている限りは。

なるほど。

ホントに寝るのとか飯食うのとか、遊びに行くのを全部抑えて、とにかくビジネスが好きで好きでしょうがないっていう人は、気を緩まなくてもいいと思うんですけど。
そうじゃない人はたぶんやってられないと思うんですよね。
たぶん多くの人が、お金を稼いで自由な生活をしたいとか、お金を稼いでこういう旅行に行きたいとか、こういう家に住みたいとか、こういうことをしたいとか、何か親孝行をしたいとかですね、色々あると思うんですよね。
それって別に起業云々じゃないんですよね。
起業して得たお金の使い道に、マインドシェアというか頭の中がいっぱいなので、そういう人って続かないんですよ。
実際ビジネスやって勿論ありますよ。
ただ続ければ結果が出るんですよね。
インターネットを使ったビジネスって固定費もかからないので。
後は緩く続けてやれば、結果は出るかなと。

なるほど。
ちなみに起業に向いている人とか、起業はだから独立って意味で、起業としたならば、それに向いている人向いてない人はいますか?
向いてる人は楽天的な人じゃないですかね?

私も結構楽天的っていうか。
たとえば家の電気が止まってもいいやみたいな感じで、止まったなって感じで(笑)

ホントに楽天的ですね(笑)

私はまあどうせ、電気もない時代もあったしなあって感じで。
どこか電気あるところに行かないとなあとか。
あんまり心配性な人は良くないですよね。
だってそんな毎日そういうイレギュラーな事とか起こりますし。
何かあんまり気にしない人の方が多いと思いますよね。
鈍感っていうか。
勿論鈍感っていっても色んなセンサーを張り巡らさないといけないですけど。
まあまあ別にいいかなあと思える人ですよね。
お金があろうがなかろうが、改良したりもしますし。
税金もあったりしますし、取引先とトラブルになったりとか、顧客からクレームになったりとか、いちいち敏感に反応してたら、精神的にはきついと思いますけどね。
僕は全然何か、まあまあまあって感じで。

なるほど。
要はそんなに深く考えずにっていうか、神経質にならずに気楽にやっていけるっていう人の方が、起業には向いているっていう?

起業っていうか、会社とか辞めたり独立して一本でやっていくっていうのはいいと思いますよ。

そうか。生活の主軸みたいなものが、柱がなくなっちゃうわけですもんね。

そうですね。

なるほど。
逆に言うとそこが気になっちゃう人は、あんまり向いてないかもしれない?

向いてないっていうよりかは、適正的な部分とか、後はまあある意味起業家っていうのも、職業みたいなもんだと思うんですよ。
職業ですね。
なのでその向いている向いていないとかもあると思うんですよね。
向いてない人が向いてない職業してもどうかと思うので。
キチっとやる人とか、とにかくまずは身の安全を確保したいっていう人は、会社員とかの方がいいんじゃないですかね?

要は副業の状態でやるにしてもいくってような感じ?

なんだかんだ言って、今の日本はとか言われていますけど。
なんだかんだ言って、会社で給料が出るっていうのはすごい安定的だってことですね。
そんなのよりも何よりも、人に何か言われるのがめんどくさいしよく分かんないし、とにかく苦痛でしょうがない、そんなんだったらホームレスの方がいいっていう人は、起業家に向いてますよね。

なるほど。

良い悪いは別としてですよ?

逆に副業に向いている人、向いてない人っていうのはあるんですか?

副業に向いている人?
まあ副業に向いている人。

逆に向いてない人から考えた方がいいのかな?
分かり易いかもしれないですね。

うーん。向いてない人。
向いてない人は極端な人じゃないですかね(笑)

例えば?

いや自分はこれをやるっていう人は、副業はだから一応は会社に行きながらやるじゃないですか?
性格的に許せないってのはあると思いますし。

何か例えば、会社の仕事をやりながらうまく副業をこなせない人っていたりしないですか?

多いと思いますよ。

それは結構多いですか?

いやそれは普通にやって、会社も結構大変じゃないですか?
人によっては結構遅い人もいると思いますし。
帰ってから事業を興すってかなりのエネルギーが必要ですよ。

どうなんですか?実際は?

それは一人でやったりしたら限界ですよね。
実際に事業を興している人から教わったりとか、その人のリソースを借りたりしないと。
全部やったら大変ですよね。
そもそも今の会社員の生活も自分で全部やっているわけじゃないのに。
帰ってから全部自分でやんなきゃいけないわけですよね、基本的に。
そんなの出来るはずがないっていうか。
今の会社の勤めている家賃とか、全部考えずにいってるじゃないですか?
まあ僕も昔考えてなかったんですけど(笑)電話代も掛かりますよね?
昔は電話営業とかしてましたけど、すごい電話代も掛かりますし、車代も掛かりますよね?
税金も掛かりますよね?
そんなの全く考えてなくて会社の業務をこなしている人が、家帰ってビジネスをやるっていうのは、結構それ大変ですよっていう。
大変大変っていうと夢がなくなるんですけど、でも別に経験したことがある人がいれば、そんなに苦じゃなかったりするんですよ。

要は無駄が多くなっちゃうってことですかね?

無駄だらけですよ。

そうか。ってことは基本的に、でもそれは誰にでも共通しますね。
そうすると副業やりたいとか、起業も含めて。

僕が結局最終的に推奨するのは、副業推奨派なんですよ。
副業で今の資金とかを使って、誰かに任せるんだったら、誰かに任せてとにかくビジネスを構築して、どう考えても会社辞めた方がいいっていうところまで、そこまでは頑張って欲しいんですよね。
その上で辞めるのはいいと思いますよ。
やっぱその安定収入をまず確保した上で、その上でまずはトライ&エラーをした方がいいんじゃないかと思いますね。

なるほど。
そうすると、副業推奨派っていうのは、起業をいきなるするよりかは。

プランがあってですよ。
プランがあって、その数字を出してですよ、すごい綿密なものがあるんだったら別ですけど。
ないですもん。ない人が多い。

何かこれは絶対儲かるっていいながら、これで会社辞めてやっていこうと思うんですっていう人いませんか?

いますけど、絶対が絶対じゃないので(笑)

ハハハ(笑)

それは私から見たら突っ込みどころ満載なんですよ。
これはどうなのどうなの?っていう。
何に基づいているの?って。
いやこれは何何さんが言ってた、今これが伸びているからとか。
そこがどんどん理詰めをしていくと抜け落ちている人が多いっていう。

そう考えると起業っていうのは意外と多いものですね。
副業と比べたら。

恐いっていうか、最初からやってないからだと思うんですよね。
生まれてこのかたずっとこの生活をしていて、生まれてこのかたずっと商売やってたらそんな恐くないと思うんですよ。
だって日本の教育のある意味すごいところなんですけど。
全く無知でお金に関しての知識も与えずにですね、とりあえず学校で言われた事を、前ならえとかですね、起立斉唱とか国歌斉唱とかやらせておいて、いきなり資本主義社会にパンって投げだされるわけですよね。
そう言ってロボットみたいな人間が生産されるわけですよ。
そこからおかしいこれヤバイって気づいて、起業しようと思っても、もうこの習慣がこびりついているので、それは大変ですよっていう。
私が何回もよく言っているんですけど。
散々水族館でずっと生まれ育ったアシカが、これは限界あると思って、キツイと思って、大海原を知っちゃって、よく分かんない海に出ようと思ってもキツイわけですよ。

確かにそうですね。

なので最初から水族館にいるところでスタートするのは危ないっていう。

これいきなり切り替えるってのは難しいですよね。

難しいので価値観を変えることから始めないといけないっていう。
こうなると指示待ちになっちゃうんですよね。
これはどうしたらいいでしょうかとか、やっぱ頭を使わないんですよ。
逆に余計なことをしたら怒られるとか。
その状態で起業するっていうのはかなり危険ですね。

そう考えると副業である程度それをやっていく中でもうまくいかないこととかで結構出て来てってことですよね?

水族館に行きながら、水族館の閉店時間に外で泳ぐプロのアシカに付き添いで、外の泳ぎ方から、餌の取り方から行って、それが終わったら水族館に行って、どう考えても外でやっていけるって状態で、脱走したらいいんじゃないですかね(笑)

なるほど。
確かに一人で、指導者がない状態で、海に行ったら普通に溺れて死んで帰りますよね?

そうですね。
よく出来ているんですよ。
ビジネスやっても多くの会社が10年以内に90%がとかあるじゃないですか?
それって色んな環境要因とかもありますし、税金とかもそうですし、うまいこと出来ているんですよホントに。
なのでまあ何も考えずに会社員やる方が楽ではありますけどね。

なるほど。

しんどいキツイとか、ブラック企業だとかいって、会社員やった方が楽ですよね。
それに慣れちゃうとダメですね。
麻薬漬けなので、そこからやってビジネスやっていくのは結構大変だと思います。

アレですね。
向き不向きというよりかは、順序の話でもあるかもしれないですね。
まず副業で慣らし、指導者がいてっていうところ。

もっと早くですよね。
例えばもしこの音声聴いている人で、お子さんとかいる人は、お子さんとかに教育っていうか、教えていったらそんなに苦労しないと思うんですよね。
だって日本人全員日本語喋れるじゃないですか?
そんな感じで全員ビジネスをやる環境があれば自分でビジネス出来ると思うんですよね?
やらせる環境もないですし、やる環境もないのに、急にやるって言ってもそれは大変ですよねっていう。

なるほど。なのでじゃあ皆さんちゃんと慣らしをしてから、教育をされてからまずは挑むと。

そうなんですよ。
なのでまあまずこの音声を聴きまくるっていうのがいいんじゃないですかね?
考え方が変わりますし。

そうですね。

大体考え方が違うと思うんですよ。
いや結構岩松さんと一緒ですっていう人は、その人は結構プライドが高くて、私に反抗的な人かホントに結構大きなお金を稼いでいるかなんですよね。
この音声をとりあえず擦り切れるまで聴いて、それで小さくスモールビジネスを立ち上げて、それもまあ私とか大久保さんとかがレクチャーするとか、そういうのがいいと思うんですけど。
それが圧倒的に速いと思うんですけど。
とにかくそれでもうちょっと目途をつけてから辞めた方がいいかなと思いますね。

分かりました。
要は野生のアシカにちゃんと教われと。

ホントですよ。
私も結構な野生のアシカなので。
水族館のアシカと考え方が違うんですよね。
そりゃそうじゃないですか、野生のアシカからしたら何でそんなのでボール回しているのと思うわけですよ。

そうですよね。

そんくらい違うわけですよ。
ビックリするわけですよ。
えー?と思って。
なんでこんなことしてるの?って。
それで餌もらっているわけですよ。
いやいやいやって。
え?って、おかしいでしょ?
って思うわけですよね。
私も元水族館経験者なので(笑)

ハハハ(笑)気持ちは分かるってことですね。

気持ちは分かりますけど。

分かりました。

今となっては、ボールは回さないってことですね。

はい。とりあえず時間も過ぎて。

過ぎました?

今回はこんな感じで終了とさせて頂きます。
どうもありがとうございました。

ありがとうございました。